rm_hidechou 56M
0 posts
11/5/2005 11:33 am

Last Read:
3/5/2006 9:27 pm



ブログをはじめた。なぜ?
なぜならば、僕はこのサイトを知って、モーレツに感動を覚えたからだ。世界中のスケベ心が、こんなにも正直に、真摯に持ち寄られ、交流しているなんて。
何度も何度も、ピュアなスケベ心を大切にしたいと思い続けて25年。伝言ダイヤル、ダイヤルQ2、テレクラや出会い系、そして常に基本は直接ナンパ。そんなことの繰り返しの中で、果たして、僕のスケベ魂はピュアでいただろうか。そこには愛はあっただろうか?
80年代の日本。
ネットも携帯も無い世界に、テレクラや伝言ダイヤルが登場した。20代だった僕は、ある晩、友人達と渋谷で飲んでいた。数人のミュージシャンの友人たちは、これからバイトだという。酔った僕らは、皆で連れ立ち、彼らのバイト先に押しかけた。そこが、テレクラだった。まだ、都内でも数件しか無かったし、どんなものかもわからない。バイトで店長の友人は、僕に受話器を渡し、次々に回線の切り替えボタンを押しながら、僕の表情をニヤニヤしながら伺っている。
受話器の中から聞こえてくる会話に、僕は耳を疑った。電話回線の中で、女性たちが自らの性欲を告白しているのだ。そして、その告白を真剣に聞いている男たちがいる。そのことに、僕は衝撃を感じた。
信じられないかもしれないが、70年代までの日本では、女性の性は、まだ、秘するものであった。メディアや運動などでの女性の性の解放と、日常生活の中のそれとは、明らかに違っていた。それが表面上の事だとしても。ある意味、昭和の時代には、素人の女性には性への欲望は、存在しないことになっていた。そして、女性は皆、何らかのレベルで欲望を抑え、あるいは罪悪感を感じながら、押し殺していた。
それが、一揆に噴出したのが、テレフォンネットワークだった。
僕たちスケベ連中は、勿論、彼女たちの告白や問いかけにウェルカムだった。
僕は、毎晩、彼女たちとお喋りし、テレフォンセックスを楽しみ、実際にあって、セックスを楽しんだ。
しかし、唯一、お金を前提に女性と会うことに対して、僕はNo!といってきた。
「金が惜しいんじゃない。デート代や車代だって普通に出すよ。だから、最初から金の話はよしてくれ!!」
20世紀末の僕は、金を前提としないコミュニケーションに、愛のカケラを見つけようとしていたのかもしれない。
ある晩、とても気の合う女性とテレクラで話をした。彼女は僕に言った。
「女性は、自分を守る手立てがないの、だから、お金を真ん中において、自分の心がずたずたにならないように守っているの…だから私は、貴方にお金を要求するわ。千円でも五百円でもいいのよ。それが私を守ってくれるの」
今でいう「割り切り」だ。
僕は彼女の考えに納得しながらも、その関係を結ぶことを、頑なに拒否した。何時間も話し、究極の提案もでたが、僕は彼女と会わなかった。彼女も姿勢を変えることなく、ラインを切った。場面が違えば、彼女とは本当の友達になれたかも知れない。恋人にもなったかもしれない。でも、今思うと、これが、テレフォンラインの限界だったのかもしれない。

80年代後半のアメリカを中心とした、フリーな友人たちのおかげで、インターネットが解放され、僕たちの生き方は大きく変わった。
90年代の日本は、ネットと携帯とメールは、誰もが出会い、自由に恋愛を楽しめるようになった。
でも、ホントにそうなの?僕はそこに何か物足りなさを感じていた。
お金を安易に出して、女性の体をものにしようとする男と、そんな男たちに傷つけられながら、徐々に恨みのような気持ちを蓄積しながら、金を要求する女。
そこにある過剰なセックスにも、僕はなぜかリアリティを感じなかった。連絡手段が便利になった分、気持ちが不自由になった気分を、ずっと感じていた。

そして、21世紀。遅ればせながら、マッチングというものを知った。そして、このサイトに出会い、25年前と同じ位、感動している。

このサイトでの出会いに、愛はあるのか、いや、僕は、しっかりとこの中で出会う皆さんへ愛を伝えられるか。そんなことを、考えながら、この中を進んでゆこうと思う。

皆さん、宜しくね。

I began Blog. Why?
Mule, I know this site why, and the reason is because it felt moo an impression to Retsu. That I am sincere, it is brought so honestly, and sukebe feeling in the world interchanges.
I want to continue prizing pure Sukebe feeling many times many times, and it is 25 years. And, message and I dial it dial Q 2, a telephone dating club and encounter system, basics are always picked up directly.
My sukebe spirit was pure, and, in repetition of such a thing, would there be me as expected? Would there be the love there?
Japan of 80's.
A telephone dating club and a message dial appeared in the world where had neither a net nor carrying. I drank it with a certain evening, friends in Shibuya for 20 generations. Friends of several musicians say that it is a byte from now on. We who got drunk were together and stood and thronged to their byte ahead. There was a telephone dating club. There were only several cases in Tokyo and yet understands no thing. A friend of a manager hands a receiver to me in a byte and asks you about my expression while pushing a change button of a line in sequence while smirking.
In the conversation that I heard from a receiver, I doubted an ear. In a phone line, women confess own sexual desire. And there are men hearing the confession seriously. In it, I felt a shock.
It may be unbelievable, but, in Japan until 70's, 秘 still does sex of a woman. I was clearly different from it in liberation and everyday life of sex of a woman by the media or exercise. Even if it is the surface top. In a certain meaning, the times of Showa, it was expected that there was not greed to sex to a woman of an amateur. And I pushed it and killed you a woman controlled greed with all, some levels or while feeling a sense of guilt.
It was a telephone network that it spouted out for a riot.
Of course the we Sukebe party was welcome for their confession and question.
I talked to them and did it and enjoyed telephone sexual intercourse, and I enjoyed sexual intercourse in a fact every night.
However, for meeting a woman assuming money alone, I am No! I say..
"money is not precious". I take out even date charges and a carfare commonly. Therefore quit a story of money from a beginning! ! I of 20 」 end of the century may have been going to find a fragment of love in the communication that did not premise money.
I talked with a certain evening, the woman whom mind fitted very much in a telephone dating club. She said to me.
Because there "is not the means how a woman protects oneself, I demand money from you because it is ... which protects money so that one's heart is not destroyed in the middle". Even 500 yen are good for 1000 yen. It is the now "at the rate of limit" that it protects me.
I refused to conclude understanding , the relation in her thought rigidly. I talked for hours, and ultimate suggestion was given, too, but I did not meet her. It cut a line without her changing posture. If scenes were different, I may have been familiar with a true friend with her. I may have become a lover. But this may have been a limit of a telephone line when I thought now.

On the coattails of free-lance friends led by U.S.A. of the later half of 80's, Internet was liberated, and our way of life changed greatly.
A net and carrying and an email met anyone, and Japan of 90's gets possible to enjoy love freely.
But is it really so? I felt some lacking something there.
It is a woman to demand money from while accumulating the feeling that seems to be a grudge slowly while I take out money easily, and it is injured by the man who is going to make a body of a woman a thing and such men.
For excessive sexual intercourse in there, I did not feel reality for some reason either. I felt the feeling that a minute, the feeling that communication means became convenient became inconvenient all the time.

And it is the 21st century. I knew a thing of matching though a little too late. And I come across this site and am impressed almost as same as the front for 25 years.

No, as for me, is it conveyed love to to meet in this well whether love is in an encounter in this site? I intend to go ahead through this inside while thinking about such a thing.

Thank you, everybody.

Become a member to create a blog