rm_octalone 61M
28 posts
10/26/2005 7:00 pm

Last Read:
3/5/2006 9:27 pm


 閲覧数が100を超えました。たくさんの方に見ていただいているのだと感謝します。多分100という数はたいしたことないのでしょうが、僕のごときおっさんの独り言に100というのは破格のご褒美だと思っています。最近は自分にとってこのサイトの主たる目的がブログになってきているようで、本末転倒ですね。
 さて、今まで「愛のあるセックスが充実して気持ちよい。」みたいなことを書いてきましたが、ちょっと紋切り型過ぎて考察が足りなかったように思います。
 愛と同時に「やる気」について考える必要があります。やる気というのは、性欲という言葉に置き換えてもいいかもしれない。よく考えてみると愛というよりやる気が強かったケースが多々あります。一般的にはこの二つが反比例の関係ではなく愛がやる気を育て、やる気が愛と錯覚させるという相乗効果のある二つの感情です。しかし、どちらかというとやる気が優先してしまった例が過去を思い起こすとたくさんあります。今まで紹介した例だとW不倫の女性は20年通してお互いにやる気優先だったと思いますし、名器?女性の場合はその付き合いの最後の1年は愛無しのやる気のみの関係だったと思います。一方だけに愛がある場合もありますので、一概に論じきることは勿論できないと思います。
 夫とのセックスに全く満たされない女性がいました。妻子ある男性との不倫に疲れて妥協してお見合い結婚したそうです。ところがその夫は多分素人童貞で前戯が全くなく、彼女の寝室へやってきていきなり挿入して終わって自分の寝室に帰っていくという日々が続き、彼女にとっては苦痛の日々が続いていました。信じられないような話ですが、実話です。彼女は自分がトイレになったような気分がすると言っていました。当然のことですが、普通にやる僕との行為は彼女にとっては充実したもののようで「狂おしく燃える」という言葉の通り、お互いに満足度の高いものになりました。
 たまに思い出して「またしたいなあ」と頭に浮かぶ女性は結局お互いにやる気満々だった相手です。今は全く愛情を感じないけど、欲しくなる。つまり、やる気が愛情を凌駕すると結論できるのではないでしょうか?
 性生活を充実させるために刺激を求めてこのサイトを訪れている方がたくさんあると思います。身近に相手がいてもなお他の刺激を求めている方も多いでしょう。
新たな刺激を求めるのもいいですが、一度相応の禁欲期間をおいてからしてみてはいかがでしょう?例えば三日に一度くらい前戯の真似事だけしてやめるというのを1ヶ月くらい続ければ体温は上がり目は血走ってくるんじゃないかな。その上ですれば、倦怠感を覚えているような相手でも、とてもとても充実したものになると思うのですが。駄目かな?


Become a member to create a blog