Berlinski 46F
188 posts
8/28/2005 7:37 am

Last Read:
3/5/2006 9:27 pm



あてくしの田舎ちゅーのは、最近になってようやく地図に載ったような、とんでもにゃー田舎なんですわ。

夜になると谷川のせせらぎとフクロウの鳴き声が闇夜に響き渡るような渓谷の中の郷でござんして、しかし驚いたことに、最近になって携帯とPHSの電波が届くようになった(笑)
そんなわけでH"でネット接続して、AFFで遊んでるんですがー・・・・
もう少し、こう・・・自然を満喫してもいいような気がするな(苦笑)

そして村のガキ供はノート型パソコン通称Laptopなんて見たこと無いもんだから、あてくしが言った「地球防衛軍の一員で指令を待ってる」なんてのを本気で信じる純粋さ加減だ・・本当はAFFでチャットしてただけ(笑)
昔は私も馬鹿な大人の戯言を信じて、鼻水垂らしながら「へーすげー」なんて言ってたクチです(涙)

遊びといえば、ヤスを持ってカジカ突きに行ったり、夜中に掛る岩魚をあてこんで置針を仕掛けに行ったり・・・獲れなきゃ腹癒せにマムシをヤスで突き刺す、極めて猿人に近い状態でした(笑)

仲の良かった・・というよりは同世代がそれしか居なかったのでツルんで居た男の子2人も、今は立派な国際線パイロットと合衆国某所の研究チーム一員でげすがー・・・昔は3人で蜂の巣に爆竹を突っ込んで導火線に火を点けると同時に猛ダッシュで逃げ、悲しいかな黒いTシャツなんか着てたりすると怒り狂った蜂に延々と追われ、最後は砂防ダムの中に飛び込まざるを得ない、極めて低脳児としか言えない遊びをしていたワケざんす。アータ、今じゃあパイロットと科学者だよー?あてくしの職業は伏せさせていただく。

訳けあって親兄弟を離れて爺さん婆さんと一緒に生活してたから、寂しかったでしょう?なんて聞かれますが、寂しさを感じる様な高等な脳では無かったんですー♪

村のお祭の時に巨大な馬(当時は幼かったので余計に、そう感じた)イギリス原産のシャイアー種と、なんかもう一種類の掛け合わせがゴテゴテに飾られて村を歩いていた(ご本人のお言葉を借りれば引っ張りまわされて・・)それを見ると、もう郷の夏は終わりで紅葉を迎えるんでげす。

仕事でも何でも人間の汚さとか、自分の中にも同じ様な汚さを発見する度に何故か村を思い出すんだな・・コレが。
そして帰ってくると、全ての汚れが洗い流される様な、なんか優しく包んでくれるような。。。
カッペと呼ばれて馬鹿にされても、ここで生まれ育った事が唯一の誇りだわい。

Berlinski 46F

9/1/2005 10:45 pm

だ・・・駄菓子屋があったんかー!随分と都会だな(汗)
なんか・・・最近やたらと、古い記憶にしがみ付こうとする自分が居て、歳なのか疲れてるのか、わかんね(笑)


Become a member to create a blog