bandits95
3 posts
8/8/2006 1:05 pm

Last Read:
8/9/2006 10:00 am


 粗野で下品な詩人で作家。

 彼の人生を辿るドキュメンタリーDVD購入。

 ブコウスキーを知ったのは図書館でした。
タイトルに惹かれて手に取ったのは「くそったれ少年時代」【原題は Ham On Rye 】

 主人公であるヘンリー・チナスキーのモデルは著者本人。高校卒業までを描いている。

 癖のある作家です、好き嫌いがはっきり分かれるでしょう。私は好きですが。

 ブコウスキーの本を読まずに、いきなりこのドキュメンタリー映画を見ても、アメリカの変態じじいが毒づいてるとしか思えないだろうなあ。

 映画の中でブコウスキーがインタビュアーに自分の詩を朗読するシーンがあります。

 少しだけご紹介。
.
.

これは「シャワー」という詩なんだ

俺たちは後で浴びるのが好きで
俺の方が熱い湯が好き
彼女の顔はやわらかく
穏やかで
俺を先に洗って
玉に石鹸を延ばし
持ち上げて包むと
ペニスも洗う
あら まだ硬いのね
次に下の毛から腹 首
脚へと移り
俺は上機嫌で
今度は彼女を洗う番
キスして彼女が上がり
俺が出るまで鼻歌も
お湯を熱くして愛の奇跡を
体で感じる
リンダ 君のおかげだ

ごめん・・・(ブコウスキーは突然涙ぐんでしまった)

もし君が奪うのなら
静かにやさしく頼む
意識のある時より
眠りの中で死ぬように

ほら センチメンタルになった(ブコウスキーは詩集を閉じる)
クソ ごめん・・・
5年で別れた女さ
いい朗読じゃないな
読む詩を間違えたよ 全く
どんどん涙もろくなる

.
.
.
確かに年取ると、涙もろくなるなあ。


Become a member to create a blog