7/29  

fromMrA 61M
2 posts
7/28/2006 9:43 am
7/29


 明日の作戦を考える。まず形から。格好は先日と同じ。
 いつもの仕事着、ニッカにタンクというのもわざとらしい。ニッカは会社の作業着を断って(着用の義務は無し。社名の入った物を身につけたくなかった)自前。カッコからから入るタイプ。面白いし実際に足腰の太いオレには適していた。家内がいやがってたから余計にということもある。
 さすがに自分で染め直したピンクのニッカは禁止されていた。ただこれ昔、家内の色の褪せた日傘をオレンジに染め直したときのシンプリコールという染料が残ってただけ。化繊だから良く染まらずピンクになった。いつか履きたい。
 アンダーは、例の三蔵法師はやめとこう。人に頼ろうとする心構えがいかん。
 も一つ、決まらない。黒のTバックにしよう。Tバッグは作業用、ようするにサポーターと言うことになってる。でも最近それ以上の意義を感じる、心構えというようなものを。一応上にトランクス。また家内にホモと間違えられてはいかん。
 気持ちの方。「自分らしく」がコンセプトだった。「小異を捨てて大同に就く」で行く。好みの四文字熟語。まあ、本来すげー、アバウトなところのある自分を忘れるな、小さいことにこだわるなということだけど。
「なんでこんなことができるん。あんたみたいなえーかげんな人見たことがない」と妻がよく言う私も、もまた一面なのだから。おおざっぱ、荒っぽいと言われる所以。

A群:A MrA fromMrA
B群: abcd abcdabcd abcdabcdabcd abcd19xx abcd19xx19xx

明日に向けての頭の体操。  
 自己のHN作成過程(A群)からHN:abcd19xx19xx(B群最終項)までの生成過程の類推。
 元理科系。算数は好きだったがだんだんと抽象的になりすぎて面白くなくなった。「リンゴがかごに10コ、ミカンが15コはいっています。太郎君と花子さが・・・」
と言うのがい。
 数Vの微積の演習問題。証明問題だった。なんぼ考えても糸口も見つからない。
そっと、答えを見た。頭にきた。設問には「最も小さな値ε(イプシロン)・・・」とある。解はそれ、εを3で割って証明としていた。「ゆるさん!」即座に微積とは決別した。今後一切相手にしないと決めた。人はこれを「苦手」と言う。
 具体的、実感があるものしか理解できない、楽しいと思えない。だから、サイバー上、コンピュータネット上って満足できない。五感以上で物を感じたい。セックスも。  ← 回りくどい人。

 最近、いろんな人のプロフ見るとき、まず宗教の項に目がいく。
「無神論者」「回答を避ける」に??? なにか引っかかる。平均的日本人の宗教観ってこうだっけ?
「該当せず」これは、また違う意味で興味が湧く。

信仰とは、神に試されるもの、
決して、自ら試すものではない。
自ら試すなら、神を試してしまう。
なんのこっちゃ。

 昔々、羊飼いだったダビデは非常に清い人だったので神に愛され、選ばれ王様に。
でも、人妻に恋して子供ができ、発覚をおそれ部下であった夫を殺す。神に見放され、追放、でもまた子供つくっちゃうんだ。ソロモン。反省したから許された?
 そのずっとあとの子孫がヨセフ。イエスのお父さん。処女懐胎したマリアから生まれたイエスだから義理の関係?
なぜわざわざこんな設定に?不倫の末裔?一夫多妻っていう文化は沢山ある。みんな知ってる大奥、ハーレム。
多くの民族にも、猿の世界だって。

自分何を言いたいんだろう。気にしてるのはどっち?オレ?意識の過剰さ。好きなタイプ、人妻だから?。

Become a member to create a blog