rm_Shingo45 54M
27 posts
2/10/2006 4:37 pm

Last Read:
3/5/2006 9:27 pm



●横イン社長の3度の記者会見が3回ありました。
社長さんはそれぞれの記者会見でこんな事を言っていたと思います。

1回目:目を開けて「速度60km/h制限のところを数km/hオーバーした程度の事。」

2回目:目を閉じて「いろいろな方から、お叱りを受けました。申し訳ありません。」

3回目:半泣きで「ごめんなさい。ごめんなさい。すべてワンマンだった私が悪いんです。でも具体的なことは勘弁してください。」

あの記者会見を見て思った事は、3回の記者会見で社長さんは、担当者と管理者と社長の立場の本音と建前をすべて見せてくれたことです。まさにワンマン社長ですね。

1回目の記者会見は、担当者としての本音を率直に語ったように思います。社長としての本音だったかもしれません。

2回目の記者会見は、管理者が会社としての対応を発表したような記者会見です。本音と違うから、目は閉じてます。

3回目の記者会見は、会社が存亡の危機に瀕したオーナー社長が、自分と会社を何とか守るためなりふりかまわず言い訳していました。でも、自分は辞めないと意思表示をしていました。

2回目の記者会見だけだったら、ここまで怒られる事もなかったのにねw 社長さんはここのBLOGの題名のような社長さんなのですかね?それともすべて計算づくの発言なのでしょうかね?

Become a member to create a blog