rm_mincer1969 47M
83 posts
1/27/2006 7:08 pm

Last Read:
3/31/2006 4:59 am


…という言葉が日本を賑わしている昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか(笑)。AdultFriendFinderの皆様にとって古典的かつ最大な風説の流布といえば、膣痙攣のお話しでしょう。
 
 
 
今日は少し膣痙攣のお話しをしてみたいと思います。
 
 

<膣痙攣>
正確には膣痙(ちつけい: Vaginismus)と言い、下記のような事象があるとされている。

・sexの最中に、膣の入り口やその周辺の筋肉が痙攣性の収縮を起こす事。
・ペニスを入れる前に膣痙になればsexが出来ないだけかも知れないが、挿入後には抜けなくなる場合がある。
・軽い場合には膣括約筋(かつやくきん)だけだが、ひどい場合は回りの筋肉まで痙攣して、もっとひどいと大腿筋まで痙攣する事がある。
・膣痙攣の原因は、ほとんどは心理的な原因で起こるそうで、これはsexへの恐怖感、嫌悪感がその中心になるそうだ。
・「幼い頃に両親の性行為の情景を見てしまった」「性行為はけがわらしいと言われて育った」「暴行されたことがある」こういう事があると、緊張のあまり膣痙になる事がある。
 
 
これらの事象を面白可笑しくして、離れられなくなったカップルが担架で救急車で運ばれたというお話し(何故か有名人とアイドルというのが定説)というのは多々流布されておりますが、実際膣痙という病名は存在しても、それは痙攣様に疼痛を来して性行為がうまくいかない状態を指すのであって、ペニスが抜けなくなるような状態を指すのではないそうです。

1884年の「フィラデルフィア医学ニュース」にはEgerton Y. Davisなる医師がこの症例でペニスが抜けなくなった患者を直接診察したという記事が出ていますが、後からこれは近代臨床医学の創始者であるWilliam Osler卿(写真)のイタズラで、まったくの作り話であったことが突きとめられています。そして、この一件以外にまともな医学誌やレポートの中で膣痙攣で離れられなくなったカップルのことが取り上げられたことはないのだそうです。

当時このWilliam Osler卿のイタズラは真に受けられ、当時の新聞などに記事として転載されたといい、このWilliam Osler卿のイタズラから膣痙攣の伝説が生まれ、現在までさまざまな類話を生み出しながら生き延びてきたというのが膣痙の関する伝説の真相と言われています。
 
 
 
ところが実はmincerが学生の頃、アパートの隣の奴がアノ声が漏れ始めて少したって静かになったと思ったら、救急車がきて運ばれたというのを目撃したことがあります(実際中で合体してたかどうかは不明ですが)。

後で聞いたところによれば、女性はリラックスさせる為アルコールのようなものを飲まされ、男性はお尻から指を入れられ前立腺を刺激させられ無理矢理射精させられたとのこと。この話し冷静に考えれば、「アルコールがダメな人はどうする?」とか「避妊でしていないで射精させて妊娠したらどうする?」とか無理があるような話し聞こえるのですが、情報がさほど多くなかった当時、「前立腺を刺激させ射精」なんてその道の人でないとあまり知らないような話しまでくっついてきてリアル度が高かったんですね(なにより救急車が来たのは事実ですし)。
 
 
 

さて皆さんはどう思いますか?
 
 
 
ちなみにその他の動物でもVaginismusはおきるそうですが、放っておくと自然と離れるそうです(笑)。
 
 
 


rm_marimo01 44M
27 posts
1/28/2006 9:43 am

Iu`cPCvƂtI@NԂ肾낤̂͂
蓪ŃwA֑Óurj{vĂ(łׂ҂Ƃ)`F[ȃ}ŃA܂Ƃ₩ɁA̓`́u`cPCvƂtɋɂĂmłB
u}`Ă`By̒m荇悤A`cPCŏƋ~}Ԃʼn^΂ꂽvƁA܂ʏ̑̂ɓƋ|ɋꂨ̂̂Ă䂪pB
uȐ؂悤ȒovȂǂƂق˂Ȃ̎ނ͑zł̂낤
ƁApߋ̖\I͂ƂAׂẮu̗zvƂA̗s܃m~l[g[hŌuKZvƂ́EEEorz

20wC@m@OO@T̋̔]łȁB
pNăgrAɉ債Ă݂悤񂗂


rm_mincer1969 47M
77 posts
2/4/2006 6:14 am

marimo
RgǂłB

uO͂̕łȂRg܂ły^^
pNƂĂS[f^COA邩ǂ(;^_^A

łASȃKZƂAm~}Ԃ́HƂ^₪c


Become a member to create a blog