rm_tetsu3 38M
32 posts
1/8/2006 6:30 pm

Last Read:
3/5/2006 9:27 pm


僕は時代劇マニアでよく見てるので、時代劇にはかなりウルサイです。
演出がどうとか、時代的背景に合ってないとか、セットが不自然すぎるとか、ウルサイです。

その中でも好きなのが、子連れ狼、剣客商売、御家人斬九郎、鬼平犯科帳なんですが。

その鬼平の中で中村吉衛門演じる長谷川平蔵が、その妻・久栄との夫婦の描かれ方が美しかったので、書いておきたい。

鬼平犯科帳『むかしの男』(単行本だと4巻かな、動画とセリフとか違うけれど・・・)で近藤勘四郎(元久栄の男)と平蔵のかけ合い。

近藤:「お前が女房は、もと俺が女でな」
平蔵:「女は惚れなきゃだめだ。女は心底惚れなけりゃ、その女の価値はわからねぇ。」「お前は体をしったかもしれんが、久栄の何も分かってはおらぬわ」
近藤:・・・・・(ギャフン)

と、こんな感じなんだけど、鬼平って今でいうところのヤンキーみたいなもんだから。今で言うサラリーマン金太郎の夫婦みたいに映った・・・。


Become a member to create a blog