rm_octalone 60M
28 posts
11/11/2005 12:31 am

Last Read:
3/5/2006 9:27 pm



 「ワシのように年取ってくると、女の子とすることなんかどうでも良うなってきて、若い女の子の近くで同じ空気を吸っているだけでええ。肌から若いこのエキスがにじみこんでくるようで、それで満足や。」
 この言葉を聞いてどう感じます?20年以上前に聞いた言葉なのに未だに忘れることができません。僕より5歳上の友人が30過ぎに取引先の初老の方から聞いた言葉です。友人は、「最近その気持ちがわかるような気がする。」と言っていましたが、当時20代後半の僕にはとても理解できませんでした。
 年とともに時折自分にもその気持ちが理解できるだろうかと問いかけてみますが、30過ぎても40過ぎても全然理解できないまま今日に至ります。「もしかして、僕は人一倍欲望の強い俗物なのかしら?」などと思ってみたりしました。
 でも、なんだか、男性としての能力の衰えた男の負け惜しみのようにも感じられます。今日改めて、その言葉をここで文字にして読んでみると、なんだかいやらしくも感じられます。かえって気持ち悪いんじゃないかな。
いくつになっても「やりますよ!わたくしは!」と鼻息荒いほうが健全で魅力的な気がします。

Become a member to create a blog