rm_pochi1955 61M
21 posts
7/7/2006 8:04 am


日頃はそんなに忙しいことは無いのだが,夕べは仕事が忙しくて,午前様になってしまった。妻はもう寝ていたので「夢も希望も無い人のためのスパゲッティー」を作った。

料理本によっては,ペペロンチーノと呼ばれ,イタ飯屋でもその名前の方が広く用いられているが,私は,始めに読んだ料理本の知識が染み付いていて,「夢も希望も無い」と今でも呼んでいる。材料が唐辛子とニンニクとオリーブオイル,イタリアンパセリだけなので,単に貧乏人のパスタの意味か。イタリア人の諧謔であろうか。

細かい作り方は,女性の方々は詳しいだろうから省く。単純な材料なのに,どうしてあんなに旨みが出てくるのか不思議。見かけも味も素朴だけど,いつ作っても結構美味しくできるからありがたい。

昨日は,乾燥唐辛子ではなく,フレッシュの赤と,未熟な緑の唐辛子を使ったので,赤と緑の色取りが綺麗でした。(これは単に真っ暗の庭に出て唐辛子を摘んだら緑も混じっていただけの話だが) 見掛けが綺麗だったものだから,勢いに乗ってジノリのベッキオに盛りつけたので「夢も希望も無い」雰囲気からは遠ざかり,ルール破りをしているような気もしてきた。こんな場合にはペペロンチーノの方が似つかわしいのかもしれない。

貧乏なイタリア人は,パンにバターを付けずに,オリーブオイルを塗ると聞いたけど,カリカリに焼いたバケットにオリーブオイルを付けて更に,ローストして刻んだナッツを付けて食べるのは美味しいものだ。
また、オリーブオイルを塗った上に,薄く切ったトマトやパセリを乗せるアクアパッツァも美味い。暑い夏,食欲がなくなった時も,意外と入るものだ。フレンチトーストも良いけど,やはり少し重たい。イタリアの料理は,お洒落では無いけど,合理的で実質的で美味しいと思う。

オリーブオイルを2人でたっぷりと頭からかぶり,ツルツルになって絡み合うシーンを見たことがあって,面白そうと思うけど,後の洗濯や掃除を考えると,なかなかできないでいる。試した人いる??

Become a member to create a blog